【掲載報告】内閣府首相官邸公式SNSでメディフォンが紹介されました

2020年4月1日、 内閣府首相官邸公式Facebookページ及びTwitterアカウントにて、メディフォンやFind Your Doctor(ファインジュアドクター)が紹介されました。是非ご覧ください。
Facebook
https://www.facebook.com/JapanGov/posts/2899060310151082
Twitter
https://twitter.com/JapanGov/status/1245306274201268224

【内閣府首相官邸公式SNSアカウント】
https://www.facebook.com/JapanGov
https://twitter.com/japangov

【掲載報告】日本経済新聞「メディフォン、日本医師会に医療通訳サービス提供 」

2020年3月19日付け『日本経済新聞 電子版』に「メディフォン、日本医師会に医療通訳サービス提供」と題する記事が掲載されました。記事内では、2020年4月よりメディフォンが日本医師会A1会員向け医療通訳サービスを提供する旨が紹介されています。

日本経済新聞 電子版「メディフォン、日本医師会に医療通訳サービス提供」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57021000Z10C20A3XY0000/

日本医師会の会員向けサービスとして 医療通訳メディフォンの導入が開始

~2020年4月より日本医師会医師賠償責任保険の付帯サービスとして 電話医療通訳サービスと機械翻訳サービスを提供~

医療機関の外国人患者受入れ体制整備の包括支援を行うメディフォン株式会社(東京都港区、代表取締役:澤田真弓、以下メディフォン)は、2020年4月1日(水)より、公益社団法人 日本医師会の会員に対し、電話医療通訳サービスおよび機械翻訳サービスの提供を開始いたします。本サービスは、日本医師会医師賠償責任保険の付帯サービスとして日本医師会A1会員に対して提供されるものです。

メディフォンでは、本取り組みを通じて一日も早く全国の日本医師会会員様の診療所・病院の負担を軽減できるよう、プロダクトの改善、アプリへの新機能の追加などを推進して参ります。

社会インフラとしての遠隔医療通訳の浸透により、新しい多様な社会に貢献できるよう、メディフォンは活動を続けて参ります。

■日本医師会医師賠償責任保険の医療通訳サービス概要
契約形式  日本医師会医師賠償責任保険 基本契約への医療通訳サービスの付帯
利用対象者 開設者・管理者が日本医師会A1会員である医療機関の医師・職員
提供機能  1) 電話医療通訳 2)機械翻訳
            ※「2)機械翻訳」はメディフォンアプリ(iOSとAndroidに対応)をスマートフォンやタブレット端末にダウンロードすることでご利用いただけます。
対応言語  17言語 (英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語・タイ語・ ロシア語・タガログ語・フランス語・ヒンディー語・モンゴル語・ネパール語・インドネシア語・ペルシャ語・ミャンマー語・広東語)
運営時間  毎日8:30~24:00
申込み   https://mediphone.jp/forms/jma.html
利用開始日 2020年4月1日(水)

【プレスリリースはこちら】

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症スクリーニングシート無料公開

英語、中国語の簡単なスクリーニングシートを公開いたしました。無料でダウンロード可能としております。ご活用ください。

【英・中】新型コロナウイルス感染症スクリーニングシート
https://mediphone.jp/assets/pdf/【無料】新型コロナウイルス感染症スクリーニング文言_英中.pdf

【お知らせ】新プロダクト「みせてつながる通訳」の特許を出願しました

メディフォンでは、医療機関と外国人患者が端末を共有することなく多言語コミュニケーションを実現する新プロダクト「みせてつながる通訳」の特許を出願いたしました。外部環境への対応も踏まえ、2020年3月中のサービスリリースに向け鋭意準備を進めています。

【セミナー開催のお知らせ】第4回関西の外国人医療を考える会

弊社が事務局を務める第4回関西の外国人医療を考える会を以下の通り開催いたします。

日時:2020年2月16日(日)15時~17時予定
於:大阪市立大学医学部学舎4階小講義室2(予定)
テーマ:「各施設での工夫」

1)開会の挨拶及び「外国人患者の紹介で苦労した症例(仮)」谷口恭(太融寺町谷口医院)
2)「医療通訳をめぐる最近の動向」澤田真弓(メディフォン株式会社代表取締役CEO)
3)「患者・通訳・アプリ・デバイス:みんなを救う「やさしい日本語」」堀成美(国立国際医療研究センター)
4)「観光地にある二次救急医療機関における外国人患者対応の実情」鈴木尚美(大野記念病院)
5)「外国人患者さん及びその家族の医療と健康における支援活動  – 「経験の共有による理解の向上」」フランシア・カンポス(榛原総合病院)

参加費:無料
お申込みはこちらから

【掲載報告】日本政策金融公庫『調査月報』2月号「未来を拓く起業家たち」

この度、日本政策金融公庫が発行する『調査月報』2月号における「未来を拓く起業家たち 」にて弊社代表澤田のインタビュー「日本医療の国境をなくす」が掲載されました。

『調査月報』2月号
https://www.jfc.go.jp/n/findings/tyousa_gttupou.html

記事内では、メディフォンの目指す世界や提供する機能方針について説明されています。

【お知らせ】厚生労働省委託事業「外国人患者受入れ医療コーディネーター養成研修」開催

弊社では、2020年2月、厚生労働省より委託を受け、院内外において外国人患者を安全かつ円滑に受け入れるための調整役を行う「外国人患者受入れコーディネーター」の養成を目的とした研修を東京と大阪で開催いたします。

本研修では、外国人患者の受け入れに係る基礎知識や院内の体制整備について、具体的な事例を学ぶことが可能です。

厚生労働省からのご案内
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/newpage_08951.html

研修の概要
外国人患者受入れ医療コーディネーター養成研修事業 運営事務局
https://solasto-learning.com/ext/ipcp.html

【お知らせ】新型コロナウイルス感染症に対応する多言語緊急相談ライン開設

中国武漢市における新型コロナウイルス感染症に対応する厚生労働省のガイダンスに沿う形で、メディフォンでは感染症専門家と連携の上「新型コロナウイルス多言語緊急相談ライン」を開設することを決定いたしました。感染症専門家と中国語医療通訳者を含めて三者通話での対応も可能です。

■機能:発熱または呼吸器症状を訴える患者に対し、(ア)武漢市への渡航歴 (イ)「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触 について確認をする際、中国語の通訳が必要な時や対応方法について相談をすることができるホットライン
■開設日 2020年1月24日(金)15時頃
■監修医師 青木 眞先生

保健所やご導入機関以外の機関様、宿泊施設様の対応も可能です。お問合せください。
info@mediphone.jp / 05031718522

※ご参考:新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策(国立感染症研究所 国立国際医療研究センター 国際感染症センター)
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/nCoV_200121-2.pdf
感染症指定医療機関
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02.html

【新プロダクト】外国人患者さん向け予約代行サービス「FIND YOUR DOCTOR」β版公開

メディフォンでは、この度外国人患者さん向けに多言語でクリニックの予約を代行するサービスFIND YOUR DOCTOR(ファインジュアドクター)β版を公開いたしました。

FIND YOUR DOCTOR(ファインジュアドクター)
https://your.mediphone.jp/

現在の対応言語は英語、中国語で、今後ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語、ネパール語を順次公開予定です。
掲載をご希望される機関様は、お気軽にご連絡ください。
info@mediphone.jp