【Press Release】医療機関職員向けe-ラーニング「外国人患者受入れ対応力向上基礎講座」が開講

報道関係者各位

2019年10月23日(水)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いつでもどこでも外国人患者受入れに必要な基礎知識が学べる
医療機関職員向けe-ラーニング「外国人患者受入れ対応力向上基礎講座」が開講
メディフォンとソラストが連携し、全国の医療機関の外国人患者受入れ体制整備への貢献を目指す
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 医療機関の外国人患者受入れ体制整備の包括支援を行うメディフォン株式会(東京都港区、代表取締役:澤田真弓、以下メディフォン)は、2019年10月23日(水)より、医療機関職員の外国人患者対応力の向上を目的としたe-ラーニング「外国人患者受入れ対応力向上基礎講座」の提供を開始します。

本講座は、医療従事者が外国人患者を安心・安全に受入れるために必要な基礎知識を身に着けることを目的として開講します。対象は、医療事務をはじめ、医師・看護師など医療機関で働く全職種です。e-ラーニング(動画コンテンツ)形式で、1動画は10分~15分程度のため、いつでもどこでも気軽に学ぶことができます。e-ラーニング形式での開催によって、これまで外国人患者受入れ関連セミナー・研修等が開催されてこなかった地域や、多忙で院外の研修に参加することがままならない医療従事者にも、本領域の専門家による実践的ノウハウや最新知識を届けることを実現しました。

なお、本講座はメディフォンが主催し、医療事務、介護、保育、教育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤河芳一、以下ソラスト)が販売を行います。医療従事者に対する教育分野で多くの実績を持つソラストと連携し、より多くの医療従事者に本講座を提供することで、全国の医療機関における外国人患者受入れ体制整備の推進や職員の外国人患者対応力の向上への貢献を目指します。

▷本講座PR動画

■本講座の概要
講座名:外国人患者受入れ対応力向上基礎講座
特 長:(1)医療機関で働くどの職種でも知っておくべき知識を学べます
(2)具体的な受入れ事例や先進医療機関の取り組み事例を数多く紹介します
(3)e-ラーニングで学べるので、いつでもどこでも自分のペースで学べます
内  容:e-ラーニング(動画コンテンツ)にて、1動画10~15分/全17テーマ
申込み:https://solasto-learning.com/category/C_IRYOU/C_5000.html より
開始日:2019年10月23日(水)11:00~
定 価:50,000円(税込み)※時期により、キャンペーン割引あり
<お客様からの問合せ先:株式会社ソラスト教育事業部:0120-33-5533(平日9:00~17:30)>

 

■本講座提供開始の背景
2017年度の観光庁調査によると、訪日旅行中に怪我・病気になり、医療機関に行く必要性を感じた訪日外国人旅行者は全体の1.5%でした。訪日外国人数が2018年には3,119万人と過去最高を記録し、政府では訪日外国人数を2020年までに4,000万人、2030年までに6,000万人とすることを目標に掲げています*。また、2019年4月の入国管理法の改正により、日本に在住する外国人労働者が今後も増加することが予想されており、外国人患者受入れ体制整備が医療機関にとって喫緊の課題となっています。

厚生労働省では「医療機関における外国人患者の受入体制の整備」に、2019年度は前年度の約12倍の予算をつけて(2018年度:1.4億円、2019年度:17億円)取り組んでおり、「医療機関における外国人患者受入れ医療コーディネーターや事務職員対応能力向上研修事業(仮称)」の開始を予定するなど、医療機関職員の外国人患者対応力向上のための取り組みを進めています。

*訪日外国人数及び政府目標は観光庁発表資料

 

■メディフォン株式会社について
▷ 企業サイト https://mediphone.jp/
電話やビデオを通じた遠隔医療通訳サービス、医療従事者向けの外国人患者受入れ関連の研修・セミナーの開催、医療費未払い防止システムなどの事業を展開し、医療機関の外国人患者受入れ体制整備を包括的に支援しています。2017年からは「外国人患者受入れ医療コーディネーター養成研修」を開始し、医療従事者の外国人患者受入れ対応力の向上に先進的に取り組んできた実績を有します。核となる遠隔医療通訳サービスでは、17言語の医療通訳を全国の医療機関や東京都医師会、石川県医師会ほかの医療関連団体に向けて提供。2019年9月には外国人患者さん向け受診支援サービスFIND YOUR DOCTOR(ファインジュアドクター)のβ版をリリース(https://your.mediphone.jp/)。ミッションは“医療における言語障壁を解消する”

■株式会社ソラストについて
▷ 企業サイト  https://www.solasto.co.jp/
約2万6千人の社員を擁する当社は、全国の医療機関から医療事務を受託する「医療関連受託サービス」や在宅系サービスや入居系サービスをトータルに提供する「介護サービス」、認可保育所を中心とした「保育サービス」、そして「教育サービス」を展開しています。2018年度の売上高(連結)は842億円、営業利益は50億円。2030年までに、売上高3,000億円、営業利益200億円を目指しています。

【本プレスリリースに関する報道機関のお問合せ先】
メディフォン株式会社 広報
MAIL: info@mediphone.jp / TEL:03-6426-5451

【新プロダクト】外国人患者さん向け予約代行サービス「FIND YOUR DOCTOR」β版公開

メディフォンでは、この度外国人患者さん向けに多言語でクリニックの予約を代行するサービスFIND YOUR DOCTOR(ファインジュアドクター)β版を公開いたしました。

FIND YOUR DOCTOR(ファインジュアドクター)
https://your.mediphone.jp/

現在の対応言語は英語、中国語で、今後ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語、ネパール語を順次公開予定です。
掲載をご希望される機関様は、お気軽にご連絡ください。
info@mediphone.jp

【開催報告】富山における外国人患者受入れ対応研修

2019年7月30日、富山県射水市の真生会富山病院において、外国人患者受入れ対応について学ぶ地域向け研修会を開催いたしました。当日は浜松医科大学医学部法学教授 大磯義一郎先生、国立国際医療研究センター 国際診療部 堀成美先生をお招きし、外国人患者受入れにおける法的課題や感染症対策、多言語対応、医療費未払い対策といった医療安全について講義をいただきました。

医療法人真生会 真生会富山病院のホームページでもニュースとして掲載されています。
https://www.shinseikai.jp/csr/csr_detail0754.html

【お知らせ】外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関向け体制整備支援セミナーの開催

メディフォンでは、2019年7月より、厚生労働省により今年度の訪日外国人患者受入れ体制整備を加速させる施策の一環として選出される全国約380の外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関に向けた体制整備支援セミナーを開催いたします。

主要都市をはじめ全国12か所でセミナーを開催することで、各地の体制整備の加速を支援いたします。各地でのセミナー日程は以下よりご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

【2019年度 外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関向け体制性整備支援セミナー日程】
https://mediphone.jp/education/SeminarList.pdf

【掲載報告】『月刊 事業構想』にメディフォン決済が紹介されました

【掲載報告】『月刊 事業構想』2019年6月号に「外国人の医療受診を遠隔で通訳 医療費未収をITで防ぐ」というタイトルでメディフォン決済が紹介されました。メディフォン決済が生まれた背景、プロダクトの機能などが説明されています。是非ご覧ください。
https://www.projectdesign.jp/201906/foreigner-new-business/006445.php

【セミナー開催のお知らせ】第2回関西の外国人医療を考える会

関西の外国人医療を考える会

第2回 関西の外国人医療を考える会
日時:2019年1月27日(日)15:00~17:00
於:メディックス8階会議室(大阪市立大学医学部の北側のビルです)
http://bb-building.net/tatemono/osaka/857.html
テーマ:「医療通訳における多言語対応」
参加費:無料

申し込みフォーム

演者:
①谷口恭((医)太融寺町谷口医院)「当院での多言語対応について」
②澤田真弓(メディフォン株式会社代表取締役CEO)「多様性のある医療通訳」
③李裕美(多言語センターFACIL事務局長)「関西における医療通訳の現状(仮)」

内容:関西を訪れる外国人の母国語は英語以外であることも多く、英語がほとんど通じないことも珍しくない。英語が基本であることには変わりがないとしても、英語のみでは対応できない事例が増えてきている。第2回は、そんな英語以外の言語への対応をどのようにすればいいのか、どのような問題があるのかといったことについて3~4名の演者が口演し、後半はグループディスカッションを通して参加者全員で考えていきたい。

【セミナー開催のお知らせ】2019年1月25日 外国人患者受入れ医療コーディネーターの役割と定義

2019年1月25日(水)18時~、都内にて外国人患者受入れ医療コーディネーターの役割と定義についての検討、議論するためのセミナーを開催いたします。

■テーマ:外国人患者受入れの調整役 医療コーディネーターの役割と定義
■日時:2019年1月25日(水)18時~19時半
■会場:国立国際医療研究センター グローバルヘルス政策研究センター
■登壇者:
成田赤十字病院 国際診療科 部長 浅香朋美氏
国立国際医療研究センター 国際診療部 医療コーディネーター 堀成美氏

※詳細はこちらからご覧ください
http://jigh.org/wp/wp-content/uploads/2018/12/190125_Coordinator_symposium.pdf

【登壇・掲載報告】平成30年度 国際ヘルスケア拠点構築促進事業(医療国際展開推進事業)「渡航受診者受入れのためのセミナー」

2018年10月19日に弊社CEO澤田が登壇いたしました札幌における平成30年度 国際ヘルスケア拠点構築促進事業(医療国際展開推進事業)「渡航受診者受入れのためのセミナー」の登壇資料が一部公開されました。

【勉強懇親会のお知らせ】2018年1月16日19時「次世代のクリニック経営を語る会」の開催

全国各地で、特色を持ってクリニック経営を行なっている先生方に、その取り組みや経営のポイントをお教えいただける会です。(利用する患者さんの生の声も聞けます。)

目黒駅前の有名店・とんきで、ジューシーなとんかつを食べながら、美味しいお酒を頂きつつ、ざっくばらんに情報交換ができる場にできればと思っております。皆さま、お誘い合わせの上ぜひご参加くださいませ。

◆日時:2019年1月16日(水)19時〜
◆場所:とんかつ とんき 目黒本店
東京都目黒区下目黒1-1-2
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13002040/

◆会費:4,000円(飲食費を含みます。)
◆ご参加予定の方:
・久住 英二 先生(医療法人社団 鉄医会 ナビタスクリニック 理事長)
・古川 健介 さん(株式会社nanapi代表取締役 / ナビタスクリニックのオンライン診療を利用する患者さん)※テレビ会議にて参加予定
・古知屋 理絵 さん(株式会社MICIN / オンライン診療)
・藤村 静 (メディフォン株式会社 / 医療通訳・決済システム)など
※ご参加を希望される方は、ご希望の旨を弊社スタッフのFacebookメッセージにご連絡いただくか、ご所属、お名前、ご連絡先メールアドレス、お電話番号を info@mediphone.jp までお送りください。