【プレスリリース】東京都「宿泊療養施設での多言語の通訳サービス」にて 遠隔医療通訳メディフォンの導入が開始 11言語・24時間対応で宿泊療養施設受入れを支援

 医療機関の外国人患者受入れ体制整備の包括支援を行うメディフォン株式会社(東京都港区、代表取締役:澤田真弓、以下メディフォン)は、令和2年12月18日より東京都の運営する全10施設の新型コロナウイルス宿泊療養施設に対し、電話医療通訳サービスおよび機械翻訳サービスの提供を開始いたしました。

 本事業は、新型コロナウイルス感染症にり患した無症状及び入院を要しない軽症者が療養する宿泊療養施設において、多言語の遠隔医療通訳サービスを導入し、適切な健康管理及び入所者とのコミュニケーションを確保することで安全な療養環境を提供することを目的として実施されるものです。

メディフォンでは本取り組みを通じ、宿泊療養施設における安全な療養環境づくりに貢献して参ります。

詳細はこちらをご覧ください。